キャノンやエプソン、リコー、ゼロックスなどインクの買取専門サイト

0120-147-352
営業時間 10:00-20:00 祝、日休み

キヤノン、エプソン、リコーなどのインク、トナーを買取で賢く活用!シーンに合わせて使い分けよう

査定やご相談はお気軽に
0120-147-352
営業時間 10:00-20:00 祝、日休み
もしくは
今すぐ査定はクリック!!

トナーとインクはそもそも何が違う?

【スリースター商会】はインク、トナーなど、オフィスに欠かせない国内主要メーカーの印刷用備品を買取・卸売りしております。

トナーとインクの最も大きな違いは、紙に印刷する手法です。インクは液状の顔料を着色剤として使います。着色剤を用紙に噴射してプリントする、カラースプレーのような手法です。一方、トナーは樹脂由来の着色剤で、紙に印刷する原理は木版画に近いものがあります。熱を帯びたドラムカートリッジでトナーを紙におしつけ、静電気の作用で粉状の着色剤を紙に印刷するのです。

その他にも着色剤として使われている原料など、インクとトナーはそれぞれの性質が全く異なります。それぞれの特徴や違いを理解した上で、上手に使い分けることがオフィスでの業務を賢くこなすコツといえます。

トナーとインクの特徴を活かせるシーン

トナーとインクの特徴を活かせるシーン

トナーとインクは、それぞれ長所を活かせるケースが違います。

インクは顔料インクと染料インクを使い分けることができるため、印刷時のクオリティを求めたい場合に適しています。例えば、画像を鮮明に印刷したい時など、様々な用途に対応することができます。サンプル印刷や人数が限られているMTG、プレゼンの際に使う資料などにおすすめです。

対してトナーは大量印刷に向いています。着色剤が紙にしっかりとつくため色がぼやけにくく、印刷速度の速さや耐久性の面でもメリットが大きな印刷方法です。文書や図面などの印刷を頻繁に行うオフィスで重宝する印刷方法です。

キヤノン、エプソン、リコーなど…主要メーカーのインク、トナーの買取は是非!

キヤノン、エプソン、リコーなど…主要メーカーのインク、トナーの買取は是非!

【スリースター商会】は、インクやトナーの買取、法人様向けの卸売りという形で、お客様がお悩みの経費適正化や持続性の高い印刷用備品の使用に貢献致します。トナーもインクも特徴と性質を理解し上手く業務に活用することで、それぞれのメリットを活かした適切な印刷物ができます。

キヤノンエプソンリコーをはじめ主だったメーカーは買取のご依頼に対応致しますので、倉庫などに眠っているトナー、インクカートリッジがございましたら、是非お声がけ下さい。

コラム一覧

トナーの買取なら【スリースター商会】へ

会社名 株式会社スリースター商会
住所 〒175-0083 東京都板橋区徳丸3-1-18 粕谷電器ビル3階
電話番号 03-5920-4087
FAX 03-5920-4087
メールアドレス tonerform001@333t.jp
URL http://333t.jp/
業務内容 トナー、ドラムの中古売買 カメラの中古売買
説明 ご家庭用や業務用プリンター・複合機のトナー・インクの買取専門サイト スリースター商会。キヤノンやエプソン、リコー、ゼロックス、ブラザー等のトナーを高額買取致します。
NEW

買取強化商品の更新致しました。

当社指定の商品に高額買取させて頂きます。詳しくは商品ページにてご確認下さい。
見積もりはこちらから
買取商品を見るにはこちら
査定やご相談はお気軽に
0120-147-352
営業時間 10:00-20:00 祝、日休み
もしくは
今すぐ査定はクリック!!